植毛手術を受けた後に行う必要があるアフターケアについて

MENU

植毛手術を受けた後に行う必要があるアフターケアについて

植毛は、手術をしたら終わりというものではありません。移植した髪の毛が定着するまでは、しっかりケアを行う必要があります。高額な費用をかけて行う植毛ですから、失敗やトラブルのないように「アフターケア」のこともチェックしておきましょう。

 

アフターケア

 

植毛後の洗髪方法

 

髪の定着を左右するのは、植毛手術後の2週間の洗髪方法です。この時期に頭皮を不潔にしたり、刺激を与えてしまったりすると定着が遅くなるので正しい洗髪方法を守りましょう。洗髪ができるのは手術の翌日からですが、シャンプーはまだ使いません。

 

患部はシャワーを弱く当てるか、霧吹きなどで濡らすだけにして、タオルで水分を吸い取るようにしてください。ドライヤーも冷風もしくは温風を頭皮から離してかけます。術後1週間たったら、指の腹で優しくこするぐらいは大丈夫になります。

 

また、患部以外は普通にシャンプーを使っても良いのですが、患部につかないように気をつけましょう。2週間経ってトラブルがなければ、普通にシャンプーができるようになるので、それまではダメージには注意してください

 

日常生活で気をつけること

 

植毛は日帰り手術なので、術後の包帯が取れたら仕事などで普通の生活をする方も多いでしょう。そこで気になるのはヘアケアに関してですが、シャンプーでの洗髪ができないので整髪料は使わないでください。当然ですが、カラーやパーマは髪が定着して頭皮の状態が普通になってからになります。

 

また、術後は患部に痛みが出やすいので血行を促進するようなことは厳禁です。アルコールやタバコは血流に影響を与えるので、最低でも1週間は禁酒、禁煙を心がけなくてはいけません。運動や入浴も同様で、激しい運動や長時間の入浴は控えましょう。

 

こう見ると、植毛をしたあとのケアや制約が面倒に思えるかもしれません。ですが、髪が定着するまでのことですし、定着してしまえば薄毛のコンプレックスも解消できます。育毛治療などよりはよっぽど短期間で効果が得られるのですから、面倒でも割り切って少しの間だけ頑張りましょう。

植毛