大学生がAGA治療クリニックに通う際の注意点とは?

MENU

大学生がAGA治療クリニックに通う際の注意点とは?

薄毛は加齢によって発症するイメージがありますが、AGAの場合は加齢が原因ではないため若い人でも発症することがあります。そのため大学生でもAGAになってしまうことがあるのですが、大学生の場合は就職活動などに薄毛が差し支えるかもしれません。楽しいカレッジライフを送るためにもAGA治療は必要なので、クリニックに通う注意点を知っておきましょう。

 

受けられる治療には制限がある

 

AGA治療クリニックでは、プロペシアやミノキシジルを使った薬物治療かAGAメソセラピーなどで治療を行います。もっともポピュラーなのは薬物治療で、治療に使われる成分はAGAに対しての効果が認められているので、一定の効果が一番期待出来るでしょう。

 

ただしプロペシアは男性ホルモンに影響する成分なので、未成年への処方は禁止されています。大学生であっても未成年は、もっとも効果があり費用的にも負担が軽い薬物治療が受けられません。つまり治療には制限があるので、自分で治療法を選べないということを覚えておきましょう。

 

費用の負担をきちんと考えてくれるクリニックを選ぶこと

 

AGA治療というのは長期間続けないと効果が出にくいですし、治療法によっては高額な費用がかかることもあります。今は大学生でもアルバイト収入などの証明があればローンを組めます。未成年でなければ、親の承諾が必要ないクリニックもあります。

 

ですが、自己判断で契約できてローンが組めるとしても、最初から高額なコースを勧めてくるクリニックには注意が必要です。植毛のような高額になることが予め把握できている場合は別として、一般の薬物治療で100万以上の請求をしてくるようなクリニックには注意が必要です。

 

確かにAGA治療は安いものではありませんが、それでも工夫次第で費用の負担を減らすことは可能です。利益重視のクリニックだと、不要な治療までコースに組み込むかもしれません。ですので治療内容や必要性、AGAへの効果などをちゃんと説明してくれて、大学生に負担のない治療をしてくれるクリニックを選びましょう。

 

クリニック選びは難しいですが、基本的にカウンセリングは無料です。医師の実績も大事ですが信頼できるかというのも選ぶ基準になるので、いろいろなクリニックでカウンセリングを受けてから決めましょう。

植毛