AGA、DHT、5αリダクターゼって何?それらの因果関係とは?

MENU

AGA、DHT、5αリダクターゼって何?それらの因果関係とは?

薄毛の原因や対策法で大事な言葉としては、AGAとDHT、そして5αリダクターゼがあげられます。これらのワードと薄毛にはどのような因果関係があるのでしょうか。

 

AGA

 

男性の薄毛の9割を占めるAGA

 

AGAは男性型脱毛症という意味で、薄毛の男性のほとんどはAGAだと言われています。AGAの特徴は、おでこの生え際もしくは頭頂部から薄毛が始まることです。

 

基本的には薬物治療での改善が可能です。ただ数ミリ単位で進行していくため、初期段階では気づきにくく、後期になると薬物治療の治療では改善できない事もあります。

 

AGAを引き起こすDHTとは

 

DHTは男性ホルモンの一種でテストステロンが変性したホルモンです。AGAの原因となるDHTは、髪を成長させる毛乳頭細胞に作用するため、脱毛を引き起こすという因果関係があります。また皮脂の分泌を促進する働きも持っているので、頭皮環境を悪化させることも脱毛の原因となります。

 

AGAのリスクファクターとなる5αリダクターゼ

 

DHTはAGAを引き起こす原因の一つですが、このDHTを作り出すのが5αリダクターゼです。5αリダクターゼは酵素の一種で、テストステロンと結びつくとDHTが作り出されてしまいます。

 

特に前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に多く存在する酵素なので、AGAは5αリダクターゼが活性されやすい部位に発症します。

 

DHTと5αリダクターゼの因果関係

 

単純にお伝えすると、テストステロンと5αリダクターゼが結合しなければ、DHTが大量生成されることはありません。結合のしやすさは遺伝や加齢、不規則な食生活や睡眠、喫煙などによって変わります

 

また人によって、DHTの受容体の感受性がもともと強かったりすることもあります。このように体質や生活環境などのあらゆる要因が絡みあうことで、5αリダクターゼが活性してしまいます。そして結果的に、DHTが大量に生成されるという因果関係があるのです。

 

AGAはDHTと5αリダクターゼによって発症するのが、トータル的な因果関係と言えるでしょう。ただ因果関係が分かっていても薬物治療で作用を完全に阻止するのは難しいので、AGAの発症率はいつまでたっても低くならないのですね。

植毛