広いおでこがコンプレックスの女性には植毛がおすすめ

MENU

広いおでこがコンプレックスの女性には植毛がおすすめ

目はマスカラやマツエクで大きく見せることもできますし、鼻が低くてもハイライトなどでごまかせます。おでこの広さも髪で隠せますが、もともとおでこが広いと髪が足りませんし、薄毛になってしまったら隠すことができませんね。女性であっても広いおでこはコンプレックスになるので、そんな時は植毛に頼ってしまいましょう。

 

おでこ女性

 

植毛がおすすめの理由

 

植毛なら、おでこが広い原因がどんなことであっても髪の毛を増やすことができます。おでこが広くなる原因は、生まれつきやFAGA、加齢などいろいろありますね。本来なら、生まれつきおでこが広いということは、毛穴があっても毛包細胞がない状態なので改善することはできません。

 

いくら育毛剤を使っても、毛包細胞がない部分では髪を育てられないのですね。ですが自毛植毛をすれば毛包細胞をおでこの毛穴に移植できますし、人工植毛は髪自体を植えつけられるので生え際を下に移動させられます。

 

またFAGAや加齢によって髪が抜けたとしても、植毛をすれば髪を成長させたり生やすことができます。だからこそ、広いおでこがコンプレックスの女性には植毛がおすすめなのです。

 

おでこに植毛をする時の注意点

 

植毛は、広いオデコのコンプレックスを解消できる唯一の対策法とも言えます。ただし一つだけ注意点があります。それは、植毛する髪の毛の毛質です。女性の前髪の毛質というのは、他の部位よりも細く柔らかいので、違うタイプの毛質を植毛してしまうと違和感が出ることがあります。

 

例えば、自毛植毛はFAGAの影響を受けない後頭部の髪の毛をドナーにします。後頭部は前髪より太い毛質なので、それが生え際にびっしり受け付けられてしまうとナチュラルな印象になりません。ですので、自毛植毛をする場合にはグラフト数を少なくする、人工植毛であれば自毛より少し細い毛質を選ぶというように工夫しましょう。

 

と言っても、植毛の前には医師とカウンセリングを行います。経験のある医師であれば、自然なスタイルに仕上がる植毛を行ってくれるので安心して任せて大丈夫です。

植毛