人工植毛の寿命はどれくらいなの?効果が持続する期間について

MENU

人工植毛の寿命はどれくらいなの?効果が持続する期間について

人工植毛は自毛植毛より初期費用が安いというのが大きなメリットです。しかし、植毛した状態を持続させるには、定期的にメンテナンスを続けなくてはいけません。その分費用もかかりますから、人工植毛を検討している方は寿命や効果の持続期間を事前に理解しておく必要があります。

 

時間

 

人工植毛の寿命

 

人工植毛では、人工的に作った髪の毛を植え付けて増毛します。最近は人工毛の質も高くなっていますから、見た目的には本物の髪の毛と変わりません。ただし、いくら高品質であっても、髪の毛を成長させる毛包細胞までは再現できないのが実情です。

 

そのため例え頭皮に埋め込んだとしても、自毛のように定着しません。人間の体は異物を排出する機能があるので、人工の髪も少しずつ押し出されてしまいます。

 

もちろん、植毛してすぐに押し出されるわけではないものの、年月が経てば取れてしまうのです。寿命は人によって異なりますが最初に植毛した人工毛は、短い人だと1年、しっかりお手入れしていても2年ほどで抜け落ちます

 

メンテナンスの頻度

 

人工植毛の寿命は1年から2年ですが、これはメンテナンスのスパンではありません。人工毛の寿命は1本1本違うので、1年経たなくても抜け落ちてしまうものがあります。そのため、全体のバランスを保つには半年から1年おきにメンテナンスをしなくてはいけないのです。

 

これだけ短いスパンでメンテナンスをする、というのは面倒かもしれません。ですがこれを怠ってしまうと、人工毛の寿命が短くなってしまうため、さらに費用がかさむことになります。

 

また髪のボリュームも減ってしまいますから、理想のヘアスタイルを維持するためにも年に1回から2回はメンテナンスをする必要があります

 

植毛をすれば、半永久的にその効果が持続するというイメージがあるかもしれません。確かに、毛包細胞がある自毛であれば、普通の髪の毛と同じように頭皮に定着します。

 

ですが人工植毛は自毛植毛とはこのように効果が異なるので、効果をしっかり踏まえた上で慎重に検討した方が良いでしょう。

植毛