人工毛植毛によくあるトラブルと覚えておきたい対処法

MENU

人工毛植毛によくあるトラブルと覚えておきたい対処法

人工植毛は手術を行うので、当然ですが医師が行います。しかし、いくら医師が執刀するとしても手術ですから、トラブルがあるのも事実です。せっかく一大決心をして植毛をするのですから、後悔しないためにもどのようなトラブルがあるのか、そして対処法を学んでおきましょう。

 

診察

 

人工植毛によくあるトラブルとは?

 

人工植毛でもっとも多いトラブルは、免疫反応による頭皮やまぶたの腫れ、炎症です。このトラブルの原因は、医師の技術力というよりも人間が持っている免疫機能によるものです。

 

人間は異物の侵入を察知すると、免疫機能が働いて異物を排除しようとして免疫細胞が戦います。そのため植毛した部分やその周りが腫れたり、炎症が起こったりするのですね。

 

そして、もう一つ多いのが仕上がりに関するトラブルです。人工毛は好きなだけ植毛できるので、人によってはたくさん移植しすぎて自毛とのバランスが悪くなることがあります。逆に少なすぎることもあり、植毛後の髪のバランスが気に入らずトラブルになったりします。

 

トラブルへの対処法

 

人工植毛によくあるトラブルに関しては、基本的に事前に説明を受けます。しかし、植毛を受けることだけに気が向いてしまい、トラブルに関する説明をスルーしてしまう人も多いです。

 

人工植毛を受けることで伴う腫れや炎症は、残念ながら事前に回避するのは難しいので、落ち着くまで待つか術後に薬などで対処するしかありません。それでも、医師としっかりカウンセリングすることで避けられたり、医師のアドバイスで回避できたりします。

 

ですので一番の対処法は、確かな技術と経験を持った医師による植毛を受けること、信頼できる医師を選ぶことになります。

 

仕上がりに関しては症例などを見せてもらい、客観的に検討して植毛数を決めればトラブルを避けられます。いずれにしても医師との信頼関係がポイントなので、値段や知名度で病院を選ばないようにしましょう。

 

植毛に限らず、ホワイトニングでも脱毛でも審美治療にはトラブルがつきものです。だからこそ、自分が納得できるまでカウンセリングを受けることが、一番の対処法になるのですね。

植毛