辛い物好きはハゲやすい?辛い物が髪に良くないと言われる理由とは?

MENU

辛い物好きはハゲやすい?辛い物が髪に良くないと言われる理由とは?

よく、辛いも物好きはハゲやすい、辛い物は髪に良くないという話を耳にしますね。これが都市伝説的なものなら気にする必要はありませんが、もし本当だったら薄毛で辛い物好きの人にとっては大問題です。真意のほどはともかく、なぜこのような話が出てきたのか、その理由をご紹介します。

 

キムチ

 

辛い物が髪に良くないと言われる理由

 

辛い物を食べると、その刺激によって血液の流れが促進されたり代謝がアップします。これだけ見れば、逆に血行が良くなって細胞も活性化できるので、髪の成長に良さそうに思えますね。それなのに良くないと言われるのは、過剰に摂取してしまうと汗や皮脂の過剰分泌につながるからです。

 

辛い物を食べたら、顔や頭皮から汗がたくさん出てきたという経験を持っている方もいるのではないでしょうか。このことから分かるように、辛い物によって分泌される汗や皮脂は首より上に出やすいのです。

 

そのため、過剰分泌されてしまうと頭皮の毛穴に皮脂が詰まり環境が悪化しやすくなるのですね。頭皮環境が悪化すると髪の成長が阻害されますから、これが辛い物が髪に良くないと言われる理由です。

 

辛い物は絶対に食べてはいけないの?

 

結論から言えば、辛い物が薄毛を引き起こすのではなく、過剰に摂取しすぎると薄毛の原因になります。良くない理由を見れば分かりますが、辛い物自体は血行促進や代謝をアップするなど髪の成長に良い効果を持っています。ですので、適切な量であれば脱毛の改善や発毛の促進効果が期待出来るのですね。

 

特に唐辛子に含まれる「カプサイシン」には、頭皮の知覚神経を刺激する働きがあります。この神経が刺激されると、発毛成長因子の分泌が促進されるので発毛に効果的です。

 

また、香辛料の一つであるにんにくは免疫力をアップしたり、疲労回復の効果があると言われています。円形脱毛症は免疫疾患が原因ですから、摂取することで免疫機能を回復できれば、円形脱毛症の改善にもつながるかもしれません。

 

辛い物好きだと、一味唐辛子を大量にかけたり激辛料理を食べたりするので、薄毛になりやすい頭皮環境を作ってしまいます。しかし適度に食べる分には発毛に効果的ですから、食べ過ぎに注意して薄毛改善に役立ててください。

植毛