長年カツラを愛用しているが、植毛を受けることは可能か?どのタイミングで外せばいいのか?

MENU

長年カツラを愛用しているが、植毛を受けることは可能か?どのタイミングで外せばいいのか?

頭にかぶるだけで薄毛を隠せるカツラは、もっとも手軽な薄毛対策なのですが根本的な解決策ではありません。自毛と同じ仕上がりで薄毛対策をするには植毛が一番ですが、長年カツラを愛用している方は植毛を受けられるのでしょうか?

 

思案中

 

カツラでも植毛は受けられるの?

 

基本的にカツラは簡単に取り外しができますから、当然ですが長年カツラを愛用していても植毛は可能です。簡潔に言えば、植毛の手術をするときにカツラを外せばいいだけです。

 

また植毛というのは増毛と違い、手術後すぐに髪がふさふさになるわけではありません。ですのでダウンタイムが終われば、植毛をしてもカツラを着けられます。

 

カツラの着用期間には決まりがないので、自分で納得のいく仕上がりになるまで装着することもできます。

 

植毛後もすぐにカツラを使える?

 

カツラでも植毛は可能ですが、施術をした直後はカツラを使えません。植毛による薄毛改善は、毛根組織が頭皮の内部に定着することで、初めて成功と言えます。

 

定着すれば、普通の自毛と同じように毛乳頭細胞が分裂して髪が成長します。定着率を高めるには、頭皮環境を悪化させないようにする必要があるため、カツラの着用は1週間から2週間程度控えることが推奨されているのです。

 

カツラを外すタイミングはいつごろになる?

 

一般的にはカツラは髪がしっかり生え揃ったら外すと言うイメージかもしません。確かに最近のカツラはムレにくく、頭皮への摩擦も少ないでしょう。それでも、できるだけずれないように、自然に仕上げてあるため頭皮に快適な環境を保つのは難しいです。

 

定着率を高め、かつ成長を妨げないためには、植毛の手術をした時点で外すのがベストタイミングと言えるでしょう。どうしても成長するまで外したくないという方でも、5割程度成長してきたら外して自毛の成長を促してあげてください。

 

カツラから植毛による自毛への移行は、外すタイミングで効果が変わってきます。外すのは勇気がいりますが、自毛がしっかり成長すれば成功ですから、それまで少し我慢しましょう。

植毛