筋トレしてムキムキの人にはハゲが多い?男性ホルモン出すぎはハゲの元?

MENU

筋トレしてムキムキの人にはハゲが多い?男性ホルモン出すぎはハゲの元?

ボディビルダーなど筋肉ムキムキの人は、髪がふさふさしているイメージはありません。オールバックなどで髪をなでつけているせいもありますが、それでもかなり「おでこの広さ」が目立ちます。筋トレをしてムキムキの人には、なぜハゲが多いのでしょうか。

 

筋トレマッチョ

 

筋肉と男性ホルモンの関係

 

筋肉には男性ホルモンを分泌する働きがあるので、筋肉量が多ければ多いほど男性ホルモンの分泌量も増えます。その男性ホルモンには、筋肉をつきやすくする働きを持っています。このように、筋肉と男性ホルモンには相互関係があるのです。

 

筋トレをしている人というのは、普通の人よりも筋肉量が多いです。そのため男性ホルモンの分泌量も多いのですが、このホルモンが変性すると薄毛が引き起こされます。つまり筋肉を鍛えている人は薄毛を発症するリスクが高いのです。

 

薄毛を引き起こす男性ホルモンとは

 

男性の体に影響する男性ホルモンには、「テストステロン」と「ジヒドロテストステロン」があります。どちらも男性の体を男性らしくする作用や、性機能の維持など重要な役割を持っています。しかし、良いことだけではありません。

 

ジヒドロテストステロンが増えすぎて頭皮の受容体にはまると、毛根に悪影響を与えるのです。このジヒドロテストステロンによって発毛機能が低下した毛根からは、健康な髪の毛が生えてきません。細く弱い髪の毛はすぐに抜けてしまいますし、成長も滞ってしまいます。

 

さらに影響が続くと毛根が小さくなってしまい、やがて髪の成長はストップしてしまうのです。薄毛になったら、本来であれば男性ホルモンの活性を抑えなくてはいけません。しかし筋トレをしている人は毎日筋肉を鍛えて、男性ホルモンの分泌を促進している状態です。そのため、筋トレしてムキムキの人はハゲの割合が多いのです。

 

筋トレをしている人すべてがハゲということはありませんし、薄毛になるとも限りません。それでも、筋トレをしていない人よりは薄毛のリスクが高いので、薄毛予防や改善のためにはしっかりとケアをする必要があります。

植毛