女性が自毛植毛した場合の傷跡はどうなる?バレないのか?

MENU

女性が自毛植毛した場合の傷跡はどうなる?バレないのか?

自毛植毛では、薄毛になっていない部分の髪の毛を毛包細胞ごと採取して移植します。

 

海辺の女性

 

ですので、ドナーとなる部分は切り取ったり、切り抜いたりしなくてはいけません。施術方法によって傷跡の形は違ってきますが、いずれにしても傷はついてしまうので、バレないか気になりますね。

 

傷跡はどうなるの?

 

自毛植毛は、ドナーを切り取るFUT方式か毛包細胞をくり抜くFUE方式で行います。つまりメスを使うのがFUT方式で、メスを使わないのがFUE方式です。FUE方式は傷跡が残らない施術方法と言われていますが、厳密に言うとどちらの方式であっても傷跡は残ります。

 

FUT方式では、ドナーを横一線状に切り取るのですが、この太さは医師の技量によって変わります。熟練した技術を持っている医師であれば、5mm程度の細い線状に切り取るので、縫合してもほとんど目立ちません。

 

ただ、経験が浅い医師だと太く切り取ってしまうこともあるため、太い線の傷ができてしまいます。また毛包細胞をくり抜くFUE方式であっても、大量の髪を採取するので、円形の細かい傷がたくさんある状態になります。

 

植毛はバレない?

 

植毛がバレるかバレないかは、傷跡よりも施術後の生活スタイルやケアにかかっていると言えます。施術後はFUT方式でもFUE方式でも、微量の出血があるため包帯を巻きます。ですので、包帯をつけている間はできるだけ外出を控えないと、周りの人にバレてしまうでしょう。

 

また、ケアを怠ってしまうと傷の治りが遅くなるので、そのせいでバレる確率は高くなります。ただドナーの位置によっては、包帯やガーゼが取れれば、髪の毛や帽子などで隠すことができます。女性の場合だと、男性と違って髪を伸ばせるのでバレないようにするのは可能です。

 

それでもどうしても不安という方は、仕事などがあると難しいかもしれませんが、施術日を含め1週間程度休みを取っておくのがおすすめです。

 

植毛に関しては、傷跡やバレることなど心配ごとも多いですが、施術後はケアに専念できるよう環境を整えておくといいですね。

植毛