未成年で親の同意書を貰えない人は植毛できない?

MENU

未成年で親の同意書を貰えない人は植毛できない?

ホルモンなどに作用する薬物治療は、法律の関係で未成年では受けられない場合があります。しかし植毛に関しては年齢制限がなく未成年でも受けられますが、植毛施術するには条件があります。

 

未成年の男性

 

未成年の植毛には親の同意書が必要?

 

結論からお伝えすると、植毛に限らず外科手術をする場合は親の同意書が必要です。成人であれば手術の説明に納得し、同意すれば術後に何かあった場合でも本人責任となります。

 

しかし未成年は成人が守る立場にあるため、例え本人が手術費用を全て支払えるとしても保護者の承諾がなければ手術は受けられません。

 

植毛は基本的に美容医療となるので、絶対にしなくてはいけない手術とは言えないため、親の同意書をもらう必要があるのです。

 

未成年でも年齢によって診断が変わる?

 

同じ10代であっても、15歳と19歳では体の成熟度合いがまったく違います。15歳から18歳までは、まだまだ成長途中と言える段階ですからAGAとは断定できません

 

そのため植毛の必要はない可能性もあります。19歳なら成長が落ち着いて、植毛の必要性もある程度判断できるので、それまで待つのも一つの選択肢です。

 

早めに植毛するべき症状とは

 

もし親戚や家族に薄毛の人が多い場合は、10代前半でも遺伝による薄毛が原因かもしれません。AGAは発症するとどんどん進行するため、早めの対処が必要です。

 

未成年はプロペシアやミノキシジルは使用できないため、植毛で対処するのが一番の対策法になります。それでも親が同意してくれないのであれば、一緒にクリニックに行って医師に説明してもらうといいでしょう。

 

植毛のリスクをしっかり理解する

 

例え親の同意書があって植毛ができるとしても、リスクに関して理解しておかなくてはいけません。植毛は、自毛が定着し髪が生え揃うまでに時間がかかります。

 

それまでの間は、髪を剃り上げた状態で学校に通うため、周りにバレる可能性があります。植毛するのであれば、そこをきちんと理解した上で植毛しましょう。

 

未成年は親の同意書が貰えないと植毛できません。しかし貰えたとしても、自身で植毛のメリットとデメリットを確認して決めてください。

 

植毛