植毛した後にAGA治療を続けても問題ないのか?プロペシアの辞め時はいつ?

MENU

植毛した後にAGA治療を続けても問題ないのか?プロペシアの辞め時は?

AGA対策には、プロペシアやミノキシジルなどの薬物治療が有効です。しかし薬物治療でも改善できない場合は、植毛による治療が選択肢にありますが、植毛後にAGA治療を続けても大丈夫なのでしょうか。

 

薬

 

植毛後のAGA治療の必要性

 

植毛でAGA治療をした場合、その後薬物による治療の必要性は、AGAの状態によって変わります。もし、まだ髪の毛が残っている状態で植毛したのであれば、残っていた髪の毛の毛乳頭細胞にはジヒドロテストステロンのレセプターが存在しています。

 

そのため、薬物治療を続けていないと残りの髪の毛がジヒドロテストステロンの影響を受けて、抜けてしまう可能性があります。ですので自毛が完全に脱毛していない段階で植毛した方は、AGA治療を続ける必要があると言えます。

 

植毛した後にAGA治療を続けても大丈夫?

 

AGA治療で使われているプロペシアなどの有効成分は、AGAの原因を取り除く作用を持っています。ですが植毛の定着を邪魔したり、脱毛を引き起こすような副作用はありません

 

またミノキシジルには血管拡張効果がありますから、植毛した自毛の定着率を高めてくれます。どちらの有効成分も植毛に悪影響を与えるものではないので、植毛後に使い続けても問題ないと言えるでしょう。逆に、AGA治療を続けた方が植毛も成功しやすいようです。

 

植毛した後のプロペシアの辞め時はいつごろ?

 

AGA治療というのは、医師の指示に基づいて行うものです。最近はプロペシアを高配合した育毛剤もありますが、AGA治療でプロペシアを使っている場合は、自分で辞め時を決めることはできません

 

いつごろになったら辞められるかというのは、医師が植毛後の髪の状態を診察する必要があります。経過観察を続けた上で、必要ないと判断すれば辞められます。自己判断で治療を中止すると、AGAが進行してしまう可能性があるので注意してください。

 

ちなみに、植毛の時に移植するドナーは、レセプターが少ない側頭部や後頭部から採取します。つまり植毛した髪の毛は、ジヒドロテストステロンの影響を受けることはありません。またAGA治療をやめても脱毛することはないので、安心してください。

植毛